2006年05月15日

帝王切開@前編(手術前の準備のお話)

何から書こうか悩んでやっぱり手術の様子が一番質問される事が多いので、帝王切開の話しをφ(.. ) したいと思います。

第一子は普通分娩(干支)でしたので帝王切開は初体験。体にメスを入れたことも無く、初めての手術体験でした。

帝王切開になるケースは双子以上(双子は下から産むのも可能)か、以前の出産が帝王切開の人が確実になります。
私の場合も妊娠発覚時で切開は決まっていて、覚悟していました。

帝王切開手術の日が決まると、慌ただしくなりました。(特に私は手術3日前に決まったので)帝王切開手術の説明がまずありました。
この説明は担当医師から、手術のリスクや輸血の種類、もしもの可能性などなどリアルな説明がされます。
例えば他の内臓に影響する具体的な話とか血液血栓の可能性と予防とか出血多量時の輸血種類と用意の量、出血が止まらない時の最終手段で子宮全摘出同意など、帝王切開するのにこんなに予想されるリスクがあるのか!と感心するほど沢山の話しがあって、同意書にサインします。「子供産むのに大変だな〜と改めて実感」

その次に麻酔科から使用する麻酔の種類と方法の説明、簡単な質問が医師からありました。
全身麻酔と下半身麻酔があり、ここの大学病院は下半身麻酔でした。
下半身麻酔でも種類があり、脊髄麻酔と硬膜外麻酔をしました。もちろんどんなふうにどこに注射をするとか、どんな効き目とリスク(副作用)が考えられるかなど、こと細かに説明があり、医師から過去に歯の治療で麻酔を使用した事があるか?痛み止めで調子が悪くなった事があるか?タバコは何歳からどのくらいすうか?酒はどのくらい飲むか?など質問がありました。

次に子宮の消毒→毛を剃る→絶食(水分も駄目)→膀胱に尿管を入れる
看護師から手術室に移動の段取りなど説明があります。


posted by miu at 00:46| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 管理入院と帝王切開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、今回、帝王切開でした。でも、破水から始まり、まさか切るとは思いもせず緊急帝王切開だったので、簡単な説明しかなく、手術後に、承諾書にサインしたんです。。。だから、miuさんの言うリスクの話を聞くと、ぞっとします。。。もちろん、リスクなどが書いた紙を手術の準備する間に渡されたけど、読める状態ではなかったです。
時間は30分ぐらいで済んだけど、私も下半身麻酔で、声や、道具のガチャガチャする音が聞こえ、私は色々想像しましたが、miuさんは、気になりませんでしたか。三つ子ちゃんなら、なおさらだと思いますが。。。
Posted by みゆ at 2006年05月15日 11:42
帝王切開もなかなか大変ですね。
しっかりした医師の説明で安心するしかありませんね。
ママは本当に強いですね。
Posted by 香苗 at 2006年05月16日 09:27
前半のお話しを聞いただけでお腹痛くなってきました・・・(^_^;)
Posted by あい at 2006年05月18日 09:54
みゆさん
確かに機械の音とか気になったのですが、一番は手術室に何人いるのかきになりました。沢山の人の気配を感じたので・・・・なんと30人はいたそうです。三つ子出産ってなかば見世物ですよ!!しかも新人や研修医などが多い時期でしたから(^^;
Posted by miu at 2006年05月19日 10:34
香苗さん
医師の説明で一番心配だったのは、血栓ですね!!一番自分に近い起こりえることだったので。
Posted by miu at 2006年05月19日 10:36
あいさん
今回の三つ子出産で一番思ったのは、一人ずつ下から産む自然の法則が一番出産は楽だということでした(^^
Posted by miu at 2006年05月19日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17822885

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。